Safari でのポップアップウィンドウ対策

2009年8月18日 20:36

FLASH からポップアップウィンドウを開く際、ExternalInterface.call を使用するが、どうも Safari だとこれが利かないらしい。

そこで、Safari の場合のみ navigateToURL を使用して _blank でウィンドウを開くことにする。
しかしFLASHでは標準でブラウザ判定をすることができないので、JSProxy というライブラリを使用する。
コードはこんな感じ。

import com.rails2u.bridge.JSProxy;

public function LinkBtn() {
addEventListener(MouseEvent.CLICK, pageLink);
}

private function pageLink(e:MouseEvent):void {
var browser:String = JSProxy.proxy.navigator.$userAgent;
if (browser.search("Safari") == -1) {
//Safariでない場合、固定ウィンドウを開く
ExternalInterface.call("window.open", _url, "_blank", "width=820, height=520");
} else {
//Safariの時は通常ウィンドウを開く
navigateToURL( new URLRequest(_url), "_blank" );
}
}

カテゴリー: programming タグ:

2 Comments

  1. おお、これちゃんと回避したんですね。某案件では、Safari向けにポップアップブロックをOFFにするように注意書きを書くことで、クライアントOKもらっちゃってました。このへん、Flash標準で回避してほしいですよねぇ。

    コメント by tatzuro — 2009年8月20日 19:38

  2. これ、わりと面倒ですよね。Flash標準での回避は自分も望みます。

    コメント by littlepad — 2009年8月21日 12:11

TrackBack URL

Leave a comment